竹の里通信@未来につなぐ虹の会
  • 竹と遊ぼう!
  • 竹の学び舎
  • 竹の里通信とは
  • 活動記録
  • 問い合わせ
  • 問い合わせ
  • 問い合わせ
竹の里通信とは

  竹の里通信は、未来につなぐ虹の会が管理するホームページです。

竹を活用するワークショップなどの情報を掲載しています。
2016年にホームページをリニューアルしました。
以前のホームページはこちらです。

  未来につなぐ虹の会について

  私たちが拠点を置く、和歌山県 海草郡 紀美野町 西野地区は清流と竹林に囲われた、自然豊かな山里です。
  全国的な中山間地域の現状に漏れず、人口の流出が著しく、住民は高齢者が4割を占めます。その中にはひとり暮らしも少なくありません。
  そこで、高齢者同士が繋がって見守りと連携に取り組み、安心して楽しく暮らせる地域を作ろうという有志が集い、2012年「未来につなぐ虹の会」を立ち上げました。

  私たちは、町役場福祉課の協力のもと、住民の健康チェックを行ったり、買い物ツアーや季節毎の行事を開催し、孤立者をつくらないよう親睦を図っています。
  また、地域イベントにも積極的に参加し、手作りのエコ製品や食品の販売を行っています。

  それらの活動の一環として、地域資源であるを利用して、その活用方法、魅力を伝えるとともに、町内外の交流を図るイベントを行っています。
  それが、このサイトで紹介している、一般対象の竹と遊ぼう!、小学生までの団体対象の竹の学び舎(たけのまなびや)です。

  竹を使ったワークショップについて

  ひと昔前、竹は私達の暮らしと深く密接した材料でしたが、時代と共にそれらはプラスティックや金属に変わり、竹製の日用品や道具は身近なモノではなくなりました。
  私たちの地域では、大半の人が竹林を所有しています。しかし、高齢者にとって竹林の管理は重労働です。とても、理想的な状態を維持しきれるものではありません。

  その結果、切り出されることのなくなった竹は過密に生え、さらに、枯死竹、不良竹、老齢竹などが放置されたままになり、日に日に足を踏み入れることが困難になっています。
  当然、竹林の恵みの代表ともいえるタケノコの収穫もままならず、民家や畑や杉林へ迫り、地下茎はアスファルトの道さえ突き上げて割る勢いです。

  地域を未来へ繋ぐためには、放置された竹林の本格的な整備が急務です。また、竹を邪魔者として、ただ切り捨てるのではなく、資源として扱い、生産的な活用につなげることが必須です。

  そのために、私たちは、専門家の指導のもと、竹林に光と風を通す活動、竹の再利用や魅力を伝えるワークショップを行っています。
  多くの方々と竹に触れ、また竹を学び、情報や知識を共有しながら発信することを目的とし、2013年度よりこのプロジェクトを「紀の国森づくり基金」の支援を受け立ち上げています。

  竹と遊ぼう!…小学生〜大人対象の参加者募集型のワークショップです。
  竹の学び舎…小学生対象、団体との連携型ワークショップです。

  上記ワークショップでは、竹の伐採や、竹チップ(有機肥料)作り竹を使った工作を行っています。

  個人情報の取り扱いについて

  上記ワークショップお申込み時に、お名前、ご住所、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、生年月日をお伺いします。
  これらの個人情報は外部に漏れぬよう適正に管理し、未来につなぐ虹の会の活動にのみ利用します。
  公的機関からの要請があった場合を除いて他個人・団体に提供することはありません。

  著作権について

  このサイトに掲載している画像・文章の著作権は未来につなぐ虹の会にあります。
  一部もしくは全てを複製し、利用することを禁止します。

トップへ戻る
お問い合わせ

【代表者】  赤阪惠子
【連絡先】  satonoie_akasaka★yahoo.co.jp
【連絡先】  ※★を@に変えて送信してください。

トップへ戻る
アクセス
西野集会所までの地図(googlemap)
住所…和歌山県海草郡紀美野町西野 691
「くらとくり」さん前の道を上って、鋭角に左に折れると、右手に建物があります。
西野集会所までの地図
トップへ戻る
未来de志賀野/志賀野ブログ
紀美野町志賀野地区で子供向けのイベント、「志賀野フェスタ」を行っている団体です。
紀美野町観光協会/きみのめぐりコンシェルジュ・KIMINOnote
紀美野町のイベント情報、観光案内を掲載しているコンテンツです。
トップへ戻る